« 待望のミルキー(どうかと思うが。。) | トップページ | 幼稚園おやすみ »

2007/02/20

目からウロコのお話

20070220_1"目からうろこの楽しい子育て"という講演会を聞きに行きました。保育付で、無料^^ 東京都教育委員会・練馬区教育委員会の後援で、企画は社団法人倫理研究所 そちらの講師の道筋幸江先生のお話でした。最初は、決めつけの多い"えらそうに育児の話をするおばさんかな"と思った。でも、なるほど、うん。。と納得。

双子のちびちゃんたちが壇上をうろうろ。「いいんですよ、動き回りたい時期ですからね^^」双子の1人が機械に手を伸ばす。「機械はちょっとだめね、あぶないから」そういって話を再会すると、上からスクリーンがじょーーと降りてきた(爆) なごやかな時間が過ぎて、質問コーナー。何人かの後、私も質問をした。

2歳までは、自分の理想とする子育てが出来ていました。理想というと堅苦しいですが、こどもの目線で対話する、親の都合ではなく命にかかわること以外はやらせてあげる、そういうストレスのない子育てだったのですが、3歳を過ぎた頃から、決してしないと思っていた"頭ごなしに叱る"とか"感情で叱る"ということが増えてきて、自分でもよくないとわかっているのに、とめることができない。こどもが寝てから自己嫌悪。。なのですが、どうして、なのでしょうか。。

20070220_2すると、意外な答えが。。バシリ。そっか!そうだったか!子育てのやり方ではなく、私自身にためていたことがあるようだ。自分を放出しないと。。長いことわからなかったことが解けた☆ あと、多くのママが"こどもを変えようとしている"ことを教えてもらった。こどもは変えようとしても変わらないんだ。自分が変わると、子どもも変わる。子は親の鏡なんてことばは、とうに知っていたつもりだった。でも灯台下暗し。

ママが怒鳴るからこどもも怒鳴るマネをする。穏やかだと穏やか。"鏡"っていうのは、そういう風に捕らえていた。口癖が同じとか、口調が同じとか。でも、そういうことじゃなかったんだ。こどもの悪いと思うところを直すには、自分の生活を見直すということ。これは、すごく感じることがある!ぜんぜん違うところで、影響しているという事実!うん、確かに目からウロコだったわ!大絶賛!って言いたいわけではないけど、視点が違うお話で、いろいろなことに気付き、聴きに行ってよかったです。

その後児童館の"同窓会"へ。今年少ママたちで懐かしく児童館でお弁当を食べながらお話。おっとっと、こんな時間☆慌てて琉花を迎えに行って、児童館に舞い戻り。。琉花は昔児童館で遊んだ1つ上の男の子や、小学生のお姉ちゃんと追いかけっこをしたりして、もうテンションはmax。何も聞こえないほど遊びまわってました。想世はついていったり、別なことをして遊んだり。。と悠々自適。お陰でママはゆっくりとおしゃべりできました。みんな帰る時間になると、まだお姉ちゃんと遊びたいと泣き出す琉花。。とっても楽しかったんだね^^ また来ようね。

20070220_3「児童館は、ひさぶりだね」気づいてみたら、また「ひさ"し"ぶり」の"し"が抜けてる( *´艸`)ププ 何度が訂正したことあるけど、久々に聞いて面白いからほおっておく私(笑)

今晩の夕食は天ぷらそば。さつまいもとかぼちゃを揚げ、ねぎの小口切りとカニかまを切ったものをかきあげにする。おそばを茹でて、ざるそばでいただく。これがるかそよ大好き。もくもくと食べる。自分から進んで食べてくれると、ほんとうに嬉しい。

banner_02←ブログにしたのでランキング参加しました♪読んだら毎日"ぽちっ"とな♪
FC2 Blog Ranking←こちらもポッチリ☆

|

« 待望のミルキー(どうかと思うが。。) | トップページ | 幼稚園おやすみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7301/13990863

この記事へのトラックバック一覧です: 目からウロコのお話:

« 待望のミルキー(どうかと思うが。。) | トップページ | 幼稚園おやすみ »