« 赤目うさぎべんとう | トップページ | 笑撃の事実 »

2007/10/25

実家へ

20071025_1ここのところ、「(寒いから)(眠いから)おうちでまってるぅ」と園バスを見送らずに留守番するsoyo。でもアカリちゃんが来てたとか言うと、「行きたかった~」と眉が八の字になる((*´∀`))ヶラヶラ で、今日は久々の朝の公園。もう、ほんっとになかなか帰ろうとしなかった。ブランコで遊び、砂場で遊び。。1年前はこんなに2人で遊べなかったよなぁ。ほんとに、いつの間にか大きくなってる。

とうとう12時になってしまって、何とか帰宅。アカリちゃんのうちに行くとか、一緒にごはん食べたいとか、久々に帰るのに苦労したかな(笑) お昼を食べて、あららいつの間にかお昼寝。ひっそりと家を出て、rukaを迎えにバス停へ。公園で「いっしょにあそぼうよ~」と誘われるが、ん~残念。今日はオーディションが入っちゃってる。soyoも待ってるから、すぐに帰宅。

20071025_2soyoを見ててもらうために、錦糸町の実家へ。車ですぐ出発☆予定を少し押して到着。あわただしくrukaを着替えさせて出発だ。soyoは「いってらっしゃ~い」と手を降る。ちゃんと「そよはじぃじばぁばのおうちでおるすばんだから」とわかっているので、まったくもって平静だ。むしろ楽しそう^^ 2人で地下鉄に乗り‥

今日のオーデは、けっこう時間がかかった。CMということで、何か演技があったみたいだ。親はもう、ただのつきそいだから、別室で何が行われているのか、まったく見えない。だいぶ忠実に教えてくれるようになったので、想像はつく^^ 頑張ったということで、駅の売店でハイチューを催促される。(やすっ笑)

さあさ、実家へ一直線。実家に行くときには、ほとんど手ぶら。何か持っていかなくちゃと思っても、お子2人でバタバタしていると、手土産を買えなかったり。母が仕事を辞めてからは、いつもsoyoを見てもらっているし、いつもご馳走になっているので、今日は娘がご馳走するのだ。(いや、パパになるのか。。)

20071025_3サクラ肉の"みの家"に行くことにした。うちの家族は馬刺し好きなのだ。食品商社に勤めていた頃に、大先輩が連れて行ってくれた。もう、13年も前のことだ。実家の近くにあるのに、なかなか実現しなかったから。ところが電話すると定休日il||li _| ̄|○ il||li  新宿店はやっているということで、そちらへ向かった。

小さな古い古いお店。久々の馬刺しは‥んっうまいっっ!!これにはrukasoyoもたまらない。1皿1550円もする刺身をぺろっとたいらげた。もう、soyoと取り合いのように(^^; はいっ追加。。出てきましたよ、サクラ鍋。くつくつくつ‥いい香り。懐かしい味でした。最後はうどんで〆♪お腹いっぱい!

そして、明日は金曜日なのに、実家にお泊りすることに。明日の天気を見てからだけど、rukasoyoにサプライズ♪って言っちゃったんだけど^^ ディズニーランドかシーに行こうということになった。持ってるチケットが31日までということと、実家からだと車で30,40分でいけちゃうのだ。うっしっし( ̄ー ̄)

banner_02←ブログにしたのでランキング参加しました♪読んだら毎日"ぽちっ"とな♪
FC2 Blog Ranking←こちらもポッチリ☆

|

« 赤目うさぎべんとう | トップページ | 笑撃の事実 »

コメント

ADって事は例のヤツね~。
ウチ落とされたっ 書類で落とされると、何も出来ね~じゃんって感じだよ。

サクラ鍋とかボタン鍋って、すき焼きの肉違うバージョンなんだけど上手いよね・・・なんでだろ。
あ~、食いたくなってきた。

投稿: kura_0704 | 2007/10/29 09:41

>くら
S嬢の場合、いけばなにかしらやってくれそうだよね^^
うちからも、最近CM決まってるKちゃんや、ドラマで活躍したRちゃん、がきていて、
太刀打ちできそうにないわ~ ruka多分はじけすぎでNGだと思うわ(爆)
楽しい演技だとガハハ系がでちゃうからね。(同じクラスのMちゃんも会ったよ)

そっか、すき焼きの肉違うバージョンか。
ボタンは固めだけど、サクラはやわらか~だったわ。
三重では、シカ鍋やシカ刺を食べたよ。
畑を荒らしにきた鹿ちゃんを捕獲業者が捕獲して、生肉もらったとき。
リアルで震えた((*´∀`))ヶラヶラ

投稿: senna | 2007/10/29 09:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7301/16906325

この記事へのトラックバック一覧です: 実家へ:

« 赤目うさぎべんとう | トップページ | 笑撃の事実 »