« さすがに撃沈 | トップページ | ネスレのCM »

2007/11/25

11/17のこと「自然探索会」

区立幼稚園のイベントのお誘いをうけた。今まで何度か参加させてもらっている"自然探索会"だ。数少ないプロ・ナチュラリストの佐々木洋さんを迎え、お話を聞かせてもらい、みんなそれぞれ初冬を探す。生まれも育ちも東京だが、両親がアウトドア好きだった私は、小学生くらいからキャンプだ、野草だ、バードウォッチングだ、登山だ、川で泳ぐ、魚を手づかみ、と自然に触れることが多かった。

今、三重の実家にお邪魔するようになって、それらは"東京で探している自然"だということがわかったけど、自然を求めてほっとする自分は健在だ。ただ、こどもの時のように、ミミズをじかに持ったりする気持ちは抜けてしまったけど。それは触れない時期が長かったというだけだと思う(会社勤めとかで)けど、敢えて触りたいとも思わない現在の私(笑)

"東京で探している自然"ということに三重で気づいたのは、あんなにひっそりと採って、大喜びで天ぷらにして家族でうまいっ☆と叫んでいたタラの芽。三重の実家ではあってもわざわざ食べないらしい。ユキノシタとかも。もっと美味しいものがあるってことだ。土地が違うのだから、当たり前だけど、今まで喜んでいたことがちょっとニセモノっぽく思えてしまって切ない気持ちもなくはなかった。

いや、どんなものでも希少なものはその土地で価値がある。ただそれだけで、ニセモノなんかじゃない。でも、そんな風に感じたのは、東京で何にも知らない、いわゆる"街の人"って思われるのは、すごくかっこ悪いという意識があったのかな。自分は違うっていう自負があった。

20071117_1_3水洗トイレじゃないと用が足せないとか、テントはこわくて眠れないとか。。そういう"か弱い風"をアピールするような女子にげんなりした。(着飾ったって、気取ったって、人間なんて服脱いだらただの猿じゃんテキな‥^^)

多摩市でずっと参加していたサバイバルキャンプでは、穴を掘ってビニールシートで覆うトイレ作りから始まる。テント設営後まわりに側溝を掘らないと急な雨でテント内に流れ込んだ水が川のようになり、眠るどころじゃなくなる現実。木ともぐさで原始的な火起こしもした。ロープの結び方、マッチと枝で火を起こして、焚き火の火加減を絶妙にして飯ごうで美味しいご飯を炊く。

1泊で登山した山頂で食べる非常食のフィルム飯(耐熱のフィルム袋に米と水を入れて茹でて飯を炊く方法)。それも山頂は枝がなく、熊笹ばかりで燃えない。夕食にありつけない‥という不安。酸欠になりながら燃やしてなんとか夕食にありつけた安堵感、小麦粉と塩で作るチャパティ(材料それだけだとかなりまずい)、最後の晩餐は豚の丸焼きで決まり!箸は落ちている小枝を削ってOK!などなど、オートキャンプ場(水道アリ・水洗トイレアリ・シャワーアリ・バンガローアリ)なんて興ざめ!という自負があったんだ。

20071117_2_3ナタでぶっとい木を上手に割ってくべる女子なんて格好よくない?!使う水はまず川から汲んでくる。火を起こすことが最初の仕事。そしてやっとご飯にありつける。キャンプってずっとご飯作ってる。作ってやっと出来て、食べて、洗って、次のご飯のためのたき木を山で拾って。。かさばって量を運べないから何度も。。昔は毎日こうやって生活していたんだ。文明の機器ってすごいんだなと感謝の気持ちが生まれた小学生時代。

毎年楽しみに参加して、大学生になったらスタッフをやっていた。冷めていて"乾いた子ども"に思えた初日。違和感のある共同生活。3泊4日過ごして得た子ども達からあふれる笑顔。子どもからの信頼のまなざし。そして皆との一体感に感動。そして、誰もが4日ぶりのシャワーの快感♪そんな経験をこどもたちにもさせてあげたいなぁ。

ナチュラリストを迎えて、自然を探す。これもちょっと気恥ずかしさというか、お膳立てしてもらって自然探しかーってなんか凹む(興ざめする)感情もあった。そして参加してみて気づいたこと。探して見る"目"がないという現実。知らないから、知らないで通り過ぎてしまう。

以前参加したパパは、昔の経験からか、実にいろんなものを見つける。私には発見できなくてはがゆかったり。今回はパパはおうちで勉強だったので、ママが2人を連れてあるいた。9つのお題があったけど、全部探せずに終わってしまった。。

20071117_3_4なんだかんだ言っても、こうやって東京に住んで、生活に追われている日常で、親が自然を感じさせてあげるためには、こういったイベントは本当にありがたいんだと思う。知ってることしか教えてあげられないんだなぁと思った。

さてさて‥‥rukasoyoはまず、カモのぬりえをしたいと言った。かもの顔は何色だろう。池に行って確認。クレヨンで塗る。こどもたちをみている後ろに、黄金色に輝くイチョウ。パンをカモにあげていたおばさんが、rukaにパンをわけてくれた。rukaは喜んであげる。soyoは自分がもらったと思って食べた(゚ロ゚屮)屮 違うよ!というママの声で口から出した(笑)

20071117_4_3soyoは怖がって「やらない」と言っていたけど、rukaの手からカモが食べるのを見て、soyoもやりたいと言い出し‥嬉しそうな顔(*^ ^*) あっ!池の岩にカワセミが!キレイな青い身体。肉眼で初めてみたよ!ちょっと感動♪ そして次は"はっぱのかくれんぼ"1つの木に、紙やビニールでつくった人工の葉っぱが隠れている。それを大人も子どもも目を見開いて探す。これがなかなかむずかしい!

側溝の空いているところに、「おとしあな~♪」と入ったりしながら歩く。顔に見える落ち葉、服にくっつく草の種、空に見えるもの、どんなにおい?、なんの音?本日のスペシャル☆などの設問をうめていく。(「くさい」と答えたのは、銀杏のことだと思われ笑)あっという間に集合の時間。みんなの見つけたものを発表してもらったり、佐々木隊長から解説をいただいたり。今回もとても有意義な時間を過ごせました^^ ありがとうございました。公園はお祭り終了間際。漬物屋さんのイベント?大根が干してあったよ!

そしてrukasoyoは‥ 近くにある"お風呂の王様"にあたたまりに行きました。建物をみるなり「あー!ここ来たことある!rukaすきなんだー、王子さまのおふろ♪♪」おおーっと、"子"が入っただけで、ずいぶんメルヘンチックなお風呂に変身すること((*´∀`))ヶラヶラ

banner_02←ブログにしたのでランキング参加しました♪読んだら毎日"ぽちっ"とな♪
FC2 Blog Ranking←こちらもポッチリ☆

|

« さすがに撃沈 | トップページ | ネスレのCM »

コメント

都内でそれだけ自然に触れられるって練馬いいところだね^^

私は心療内科にかかろうかと真剣に思っているくらい病的に虫がダメなので
本当の自然とは何かを知ることもたぶんできないと思う

ミウに経験させてあげることができないのは申し訳ないな

投稿: みちみち | 2007/11/25 11:19

>みちみち
偏った書き方をしてしまったかしら。。
それがいちばん重要なワケではないしね。
私が育った家族はそういう考え方だったから、私もそう偏ってるのね(^_-)-☆
心療内科って、そんなダメなんだ>虫(゚ロ゚屮)屮

ミウちゃんは、三重の実家に行くときに預かるよん。
夏休みとかさっ。でも忙しそうだなぁ、ミウちゃん(^^;

投稿: senna | 2007/11/26 09:10

時々お邪魔させていただいていましたが、初めてコメントさせて頂きます(*^_^*)

私は自然の中で育ったので、逆に都会の喧騒に憧れていました〜(^-^)
実家の有る場所は『一級僻地』なんだそうです(^^;)知ってました?僻地にも等級があるって…
漁師町なので、父について海に出て偶然イルカと伴走した経験があります
v(^o^)
お腹空いたらツブ貝を石で割って食べたり、岸壁でサンマや毛蟹を釣ったり
(^o^)/~~∋■∈
かなりサバイバルな遊びもしてたんですよ〜(^-^)
そういう経験、やっぱり子供達にもさせたいなぁって思ってます(^_-)-☆

投稿: るう | 2007/11/26 19:44

たのしそーだねっ
この辺は、意外と自然が多いのに、見過ごしちゃってる気もするな
夏は蚊が多すぎて緑地に入る勇気がないとか(汗)

うちは男の子なので、最終的にはどこでも生きていけるような人に育ってほしいわ


投稿: ママみち | 2007/11/26 21:00

>るうさん
わ!ようこそっ♪
初コメありがとうございます^^

>お腹空いたらツブ貝を石で割って食べたり、岸壁でサンマや毛蟹を釣ったり

うわー、あこがれますね。心が躍る感じです!
こう、うひょうひょしちゃう感じっていうのかな!伝わりませんね(笑)
キャンプは山でしたから、海のことはまず知らない。
幸せな思い出ですね~

イルカと泳ぐのも夢だったの!!
沖縄でライセンスとったものの、ペーパーダイバーと化しています(;´Д`)

↓よかったら、お弁当だけ抜粋です♪過去弁の方が力が入ってたなil||li _| ̄|○ il||li
http://senna.cocolog-nifty.com/blog/cat5800587/index.html

>ママみち
そうなの、この辺だと緑の中に入ると、すんごい蚊だよね。
それで、やる気なくしてしまう。
山だとやる気がなくならないのはなぜ?
もう仕方ないと、あきらめが入るのでしょうか(笑)

でもさー、山の方があきらかに蚊が少ない気がする。。
そんなわけないか。。でもくれはしはすごい。
黒い服着てると、群れてるのがわかるんだもん。

投稿: senna | 2007/11/27 13:49

偏ってるなんて思ってないよ~^^
三重の田舎が楽しめる嫁さんでほんとよかったよねw>Sennaだんな

うちの父は海派だったので、バーベキューといえば海だったなー
小学生のうちは毎年、城ヶ島の磯でキャンプしたよ
テント張って、はんごうでご飯たいて、釣った魚焼いて
ミウにはそういう経験させてあげられるだろうか・・・

投稿: みちみち | 2007/11/29 22:35

>みちみち
いやー、あんまり「自然自然!」っていうのも偏ってるかと。
自然を体験することは素敵だけど、
日常にもっと身近な大事なこともいっぱいあるしね。

みちみちパパは海派だったんだ!
考えてみれば海の経験はあんまりないかも。
九十九里に旅行して、夜ジープでライトを照らしながら波打ち際を走ると(民宿のおじさんが)
光でかにがいっぱいでてきて、すんごい好奇心でとりまくった覚えが(笑)
すぐに素揚げにして、みんなでいただいた。

おそるおそるだったけど、美味しかった。
そうそう、帰り際に田んぼで蛍を見つけて、「気をつけな」といわれてたけど、
田んぼに落ちたw

田んぼと畑は同じだと思っていて、そんな泥んこになると思わなかったのよ^^
段差に気をつけろという意味かと(爆)

ミウちゃんにもさ、きっと経験させてあげられるよ。
そんなことをしてみようと思う時期もくるんじゃないのかしら。
キャンプはちょっと難しそうだけど^^ デイキャンプで!

投稿: senna | 2007/12/02 13:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7301/17155400

この記事へのトラックバック一覧です: 11/17のこと「自然探索会」:

« さすがに撃沈 | トップページ | ネスレのCM »