« レッスンクール末発表 | トップページ | (*^ ^*) »

2008/03/22

"霧のむこうのふしぎな町"

いいお天気。どちらかが「お外でごはん食べないなぁ。。」と口にした。「そうしよっか!」と縁側ランチをしました。おとといかな?初めて食べれるようになった豚キムチ。どんぶりにしてみんなで。

soyoは2歳の時にちょーだいちょーだいと寄ってきて、どうせ"から~い"と去っていくだろうとあげたら「もっと!もっと!」と言われて以来、ずっと好き。rukaは辛いものが苦手。ちょっと胡椒が入ってるだけで"ひ~ん"。が、美味しく食べれて、本人すごく嬉しかったらしい。今日も美味しそうに食す。

ほんとはパパが最初に「あー、バーベキューやりたいなぁ。。」と言い出したのだ。でも16時からミュージカルを見に行く予定なので、断念。。小規模ながら、暖かい太陽の光を浴び、気持ちのよいランチができてよかったわ^^

電車で数駅のところにあるホールに向かう。今日見るのは、イッツフォーリーズ公演のミュージカル"霧のむこうのふしぎな町"だ。"千と千尋の神隠し"の原案にもなったファンタジー小説の原作をミュージカル化したもの。笑いあり、感動あり、とても素晴らしい作品だった。

登場人物「ピコットばあさん」というのが、とてもインパクトがあり、口は悪いが愛情溢れる存在。"千と千尋"の湯ばあばそのものと言ったらわかりやすいだろう。私がrukasoyoに常々口にしていることが随所に出てきて、「しっかり聞いとけ!」といわんばかり(笑)

「呼ばれたのに食卓に来ないなんて!みんなを待たせていることがわからないのかいっ!」と怒るピコットばあさん。「作ってくれたご飯を、具合が悪いわけでもないのにいらないなんて!まずは作ってくれた人にあやまりなさい!」

物語の中盤では、「嘘をつくよりも、素直に謝ることはとても気持ちがいい」とか、「ありがとうということばは、言ったほうも言われたほうも、心が暖かくなる」というようなことが、主人公の実感を通して伝わってくる。ほ~~ら、聞いてごらん( ̄ー ̄)

今回は、ワークショップとして、事前に申し込んだお子たちが舞台に立てる場面を作ってくれていた。霧の谷のめちゃくちゃ通りの住人として歌いながら踊れるのだ。小学生以上だったのでrukaは残念ながら断念。。事前に1度の練習と、当日のリハーサルだけ(あとは自主練)と聞いたが、みんな笑顔で楽しげにさっそうと演じていた。その見せ場のあとは客席に戻るんだけど、最後はカーテンコールもさせてもらって、素敵だった~。みんなきっと素晴らしい経験をしたね☆

教訓がうんたらは置いておいて、ほんとうに素晴らしい作品だった。もっと多くのお友達を誘えばよかったよ。。見終わって、ほんとに心がすっきり!ほんわか!「"ばかきも"だよ!(ばかみたいに気持ちがいい)」byピコットばあさん^^

banner_02←ブログにしたのでランキング参加しました♪読んだら毎日"ぽちっ"とな♪
FC2 Blog Ranking←こちらもポッチリ☆

|

« レッスンクール末発表 | トップページ | (*^ ^*) »

コメント

あーミュージカルいいなぁ
うちも去年行くつもりだったんだけど都合で中止
今年は連れて行きたいな~

投稿: みちみち | 2008/03/23 21:16

これ、すごくよかったよ。よかったら。
http://www.allstaff.co.jp/
美宇ちゃんくらい大きくなったら、やっぱり劇団四季かしら^^

投稿: senna | 2008/03/24 10:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7301/40612723

この記事へのトラックバック一覧です: "霧のむこうのふしぎな町":

« レッスンクール末発表 | トップページ | (*^ ^*) »