« いってきます! | トップページ | 普通の主婦 »

2008/11/23

ただいま~^^

コメントくださった方々、ありがとうございました。

残念な方の結果となりました。




1時間ほどで審査が終わって帰ってきたとき、

rukaは私に抱きついて泣きました。

「どうしたの?ママが上履き渡し忘れちゃって悲しくなっちゃった?(←大勝負にそれもヒドイよね笑)」

「ううん、それはだいじょうぶ。だけどね、ruka、大きなお口にするのわすれちゃったの。・゚・(ノД`)・゚・。」

「そっかぁ、でも自分で振り返ってどう?口は小さかったかもしれないけど、楽しくできた?」

「うん!」

「だめかもしれないって思うの?自信ない?」

「ううん、ある!がんばった!」

「じゃ、いいじゃない♪すごいじゃーん☆」




もう1時間ほどお茶をして、日テレ前に戻る。

発表は親子で入館し、入試発表のような形で番号のかかれた紙が張り出されます。

「こどもさんは前に~ 親御さんは後ろに!」

ずらっと何列にも並んだお子たちを、4台のカメラがねらう。

12000の応募の、書類に通過した1000人弱の、いちばん小さい"モリー役"に該当するのは、

100人はいないくらい。

固唾を飲んで、折ってある紙がめくれる瞬間。。親もやはり緊張。。

ぺらっとめくられた紙には、16個の番号がかかれていました。




「やった!あった!」と歓声をあげるのはやはりママが先^^

こどもは親に呼ばれて気づく子が多かったかな。6歳(年長さんと誕生日の遅い1年生)だけだから。

同じ事務所から2名の通過者がでました!!

1つ上のケイトから上の役の結果は、その後に発表だったのでわかりません。たくさん受かってますように!!

今頃は、3次審査の結果が出て、明日の最終審査にのぞむ子たちが決まっているはず。




みんな一生懸命練習してきたから、大号泣の子がたくさん。

rukaは残念そうな顔をしたけど、泣かなかった。

テンションはいくらかひくいけど、けろっとしてると言ってもいいくらい‥ 泣き虫rukaが^^

「残念だったね」

「うん、rukaこうおもったの、だめだったかぁって。」と。

そして、

「また、らいねんうける!」




その後、昔の知り合いの方に、卒対の謝恩会で流すミニVPの編集作業をしに赤坂に行きました。

rukasoyoは元気に遊びまくり、とても元気でしたが。。

帰宅した途端に、rukaがなきじゃくりました。

「どうした?」

と抱きしめると、

「rukaね、ほんとはなきそうだったんだけど、みんながいたし、うかったこもいたし、いやだったの」と!!

「そっかそっか~」とパパがハグ。

みんなの前で泣くのは、恥ずかしかったし、悔しい気持ちもあったらしい。

なんか、そういう気持ちが育っていることを知れたことに感謝だ。




考えてみれば当たり前の結果なんだけど、なんだか頑張ってる姿を見てた分切ない。

その後もベッドでぐずぐずしていた。

ので、ちょっと喝を入れる。

rukaは頑張った。何回かのレッスンでぐーっと上達した。すごいよ。

でもたった数回歌唱レッスンしただけで通るかな?

どうしても受かりたくて、毎日、練習したっけ?と言った?

ママが言わないと忘れていた時もあったよね。(よくやってはいたけど、目の前のことに夢中になる)

歌の上手さじゃなくて、気持ちが違うんじゃないかな?




すっと泣き止んだ。

悲劇のヒロインはおしまい。結果には必ず原因がある。

それが現実だし、その方が楽だということを教えてあげたかった。

もし、ほんとに来年受けたいと思っているなら、歌のレッスンはじめようか。と。

まもなく眠りに落ちて。。




ママの責任でもあるんだ。

rukaは自由に歌うのが好きだった。

音を取ろうとはしないで。

大きくなれば自然に取れるさ。と放置していた。

6歳になっても、よく取れる方ではなかった。




rukaは歌は苦手かな‥なんて思って、あえて歌のレッスン関係には

ママが消極的だった。

音感に関することに目を向けてやるべきだった。

だって、苦手かな?と思ったのはママ。

本人は至って歌うのだいすきだったのだから。




勝手に決めつけてしまっていたこと、これはママが悪い。




私だって、小学3年生から中学卒業するまで声楽の勉強をやっていたんだから、

教えてあげればよかったんだ。でも自信がなかった。

うまく教えてあげられなくて、それが表情や言動にでてしまうのがこわかった。

親が子に教えるって、そういうところがあるよね。怒ってしまう。

それに当時、ピアノも声楽も、実はそんなに好きじゃなかったんだ。

先生から音大受けろと言われても、頷けなかった。表現することが照れくさかった。

好きは好きなんだけど、ガンガンやりたいわけじゃなかった。

だから、教えられることを負担にはしたくなかったこともある。




と・に・か・く、こどもの気持ちをくんで伸ばしてあげられなかったのには、ちょっと責任を感じている。

音感がにぶいのでは?とこどもの力を疑って。。

逃げていた、というか目をそむけていた。。そのうちにこんなに時間が経っていた。

そういうことに気がついた。




個人レッスンの体験では、狭い部屋にピアノの音がポーンと響いた。

rukaがポンと音を取った。これだ。

キーボードや優しい歌い方では届かなかったし、

rukaも自分の声が大きすぎて、まわりの音が聞こえないからだ。

なんていう、さまざまな原因や対策が見えた。

何でもやってみなければはじまらない。

ほんとに、何気なくエントリーした、この大それたオーディション。

そのお陰で、見えたことがたくさん!

そして、気苦労もたくさん(笑)

とにかく、ひと段落ついて、肩の荷が降りました。




発表直後、わかってはいても、確かに複雑な心境を瞬間抱えたけど、

すっごく晴れ晴れとした気持ち。

泣いてる子ども、肩を落とした子どもと会場を後にするママたち。

ほほえんでいたのは、きっと私だけだったに違いない^^

たくさんの収穫と、まわりのたくさんのひとびとに感謝♪♪♪

ありがとうございました^^

|

« いってきます! | トップページ | 普通の主婦 »

コメント

号泣

投稿: shiho | 2008/11/23 23:40

お疲れ様~いい経験だったのね^^
何事にも意味はあるんだよねー、ほんと。
そういう悔しい思いを積み重ねてこそ、
勝ち取ったときの本当の大変さを頑張れるのかもね。
来年が楽しみだね^^

投稿: みちみち | 2008/11/24 09:21

そっかあ。でも頑張った!
なかなか経験できることじゃないよね。
るかちゃん、ちゃんと自分の気持ちをいえて、エライ!

また来年がたのしみだ。

投稿: ゆ~こ | 2008/11/24 09:51

>shiho
出産後って、涙もろくなるよね (笑)

私としては、アニーの舞台に立たせてあげたいというより、
アニーの稽古の数ヶ月の時間を、経験させてあげたい。
親なし、こどもたちだけで、作り上げる時間。
こんな貴重なものはないでしょう(^_-)-☆

>みちみち
うんうん。ほんとすべてが経験だよね。
一次に受かって、書類を見たとき「審査:歌」と知って、
やめようかと思ったの。

でも、事務所でも100人以上の人が一次に通らず涙を飲んだと聞いて、
これは、なんとかしなくては申し訳ないと。。
こどもの能力というものを、改めて知りました。
これが大きな転機となってる。感謝だよ^^

会場付近では、多くの子がヘッドホンで課題曲を聞いていて(これはrukaもだけど)
アニー役目指してる子はほとんどマスクしてた。
事務所の人たちと通り過ぎる子「マスクしてるからアニー枠だね」なんて話してたくらい。
これから歌の審査だから当たり前なのかもしれないけど、難関という言葉が浮かぶ光景だったよ。

>ゆ~こ
そだね、自分の気持ち。ちゃんと言えたのえらいよね。
来年にむけてがんばるみたいだけど、来年も書類通る保障はないんだよね。
がんばって1年練習して、書類で落ちたときのことを考えると、ちょっとブルー。
何もしないうちに、土俵にたてないで終わってしまう可能性。。コワイ

投稿: senna | 2008/11/24 14:12

お疲れ様でした。。。
残念な結果だったけど、すっごく成長したね。
親の思いも子の思いもしっかり伝わって来たよ。次に向けて再出発!!!応援しているよ。

投稿: まりママ | 2008/11/24 16:52

>まりママ
この日記、最近は事務所のお友達も見てるからはずかしいわ
うん、とっても充実してたよ^^
来年は、まりちゃんもぜひ!
月齢的に役が違うから、かぶらないわw

投稿: senna | 2008/11/24 22:50

子供にとっては日本一の難関のオーディションなんだから。
それに参加できただけでもすごいことだよ!

経験値を稼げたんだもん。結果は残念だったけど、必ず次に繋がるって!^^
ハルなんて、なんもしとらん( ̄Д ̄;;

タップできれば、8歳くらいで男の子の役あったよね。
経験させたいな。あの究極のオーディション。

投稿: サイファ | 2008/11/25 09:19

>サイファ
経験値か。いいこというね。
っていうか、ゲーマーかしら( *´艸`)ププ

どうもありがとう!うん、次につながることを力に頑張るよ。
って、私じゃないけど、私もよね。
親にパワーがないとこの業界やっていけないもんね。
励ましたり、たしなめたり。。やがて、1人でさくさくオーデも行くようになるんだろうね。

男の子はタップキッズだよね。
うんうん、受けてみたらいいよ。
来年、うちも書類通ればいいけど((((((^_^;)

投稿: senna | 2008/11/25 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7301/43204620

この記事へのトラックバック一覧です: ただいま~^^:

« いってきます! | トップページ | 普通の主婦 »