« 新しいゲーム | トップページ | パパにもらったもの »

2009/03/14

年長最後のレッスン*「ひょっこりひょうたん島」

20090314_1今日は年長最後のレッスン。

年少の終わり頃、はじめての選抜クラス(U-5)ができて、それ以来、2年と3ヶ月おんなじクラスだったお友達もいる。年長になってからは、半年ごとに社内オーディションをして、選抜クラス(U-9・U-6)ではじめて一緒になったお友達とも、短くも濃い1年間だった。これで、rukaも幼稚部を卒業して、児童部へとなる。なんだか、感慨深い。

思えば、2歳11ヶ月の時に、赤ちゃん部から幼稚部へ進級した。それまでの親子レッスンと違って、母子分離の初めてのレッスン。rukaはもちろん号泣。人一倍泣いて、私も涙したっけ。幼稚園に入園するちょうど1年前に、親離れ子離れを経験した。

レッスンのたびに泣いちゃったりしてたrukaも、いよいよ小学生。今では照れずに一発芸をやったり、泣く演技をそつなくこなしたり。。すごく成長したんだなー。。あんなに泣く子だったのに^^ 強くなったものだ。

さあ、春休みが終わったら、児童部のはじまり☆ 楽しみましょう♪

20090314_2レッスンのあとは、今日はこのまま帰る途中にある区民ホールへ。こども劇場の例会で、「ひょっこりひょうたん島」を見に行きます。NHKでやっていた、あのひょっこりひょうたん島のお人形をそのまま使った人形劇!大人も大喜びの例会です。

小学生以上の例会に、区分が違うので差額をお支払いしての参加。私自身はテレビで見た記憶があまりないんだけど、なんとなく懐かしい気がする。いえいえ、若いアピールをしているんじゃなくて、祖母と昼間いたもので、"おかあさんといっしょ"あたりの時間は、祖母と「水戸黄門」みてたもので。。若干、同年代とカルチャーショックを感じてきた10代、20代でございました(笑)

昔のお人形の、つくりの精巧さには驚くばかり。あの女の子の顔が"キッ"と怖くなるのも、もちろんCGではなく、ひとひっぱりで顔がかわる仕掛けがあったわけです。舞台からみんなの側に降りて見せてくれたのですが、近距離で凝視してみても、1・2回では仕掛けがわからない。ため息ものです。

20090314_3最後には出口でみんなと写真撮影もしてくださいました。ひょっこりひょうたん島をしらない世代の小さい子たちも、とても喜んでいました。親子で生の劇を見ること、すごくステキなことです。全国のこども劇場を探してみてくださいね。劇以外にも、たくさんの活動をしているので、いろんな年齢の人たちと遊んだり作ったり感じたり、とても大切な時間を過ごせますよheart04

まじめばかりな劇、こどもしか楽しめない劇ではないんです(笑) だって親が楽しいものを選んでくれるんだもんw 劇の作り手さんも、こども目線・親目線の両方向けに脚本を書いてくれてるので、めっちゃ楽しいですよ^^ 親がかなり大爆笑している今日この頃ですhappy01

そうそう、しまじろうでカブを育てたのですが、撮影用に収穫した以外のカブ、けっこう育ってます。間引きをしたカブも、庭に植えておいたら、どんどん成長して。。カブとしらたきの煮物つくりました。

|

« 新しいゲーム | トップページ | パパにもらったもの »

コメント

進級したんだね
小学校は勉強も大変だし宿題もあるから
なかなか大変だろうと思うけどがんばってね^^

投稿: みちみち | 2009/05/28 21:27

>みちみち
最近ほんとね、rukaの気持ちは置いといて、ほんとにやめようかと思ったの。
やっぱりね、時間的にも精神的にも大変だし、もういいんじゃないかと。
お仕事の連絡が少し落ち着いた時期があって、すごく気が楽だったの。

スケジュールの調整しなくていいし、お友達とも約束を果たせるし。快適。
ruka程度でそう思うんだから、芸能界のよく見る皆様は、
ほんとにほんとにめちゃくちゃ大変なんだろうなぁと思いました。

でもrukaはぜったいにやめたくないと。。
だから、rukaの気持ち次第、そのまま行ってみようと思いとどまりました。

投稿: senna | 2009/05/29 09:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7301/45135435

この記事へのトラックバック一覧です: 年長最後のレッスン*「ひょっこりひょうたん島」:

« 新しいゲーム | トップページ | パパにもらったもの »