2012/08/09

くるくるしたもので

soyoが、学校からこんな作品をもって帰ってきました。

くるくる紙を巻いたもので、作品を作りましょうというお題だそう。


20120809_1


バラの花束を上からみたところ、だそうです。
ミュージカルでたくさんお花をいただいたから、そんなイメージがわいたのかな?

持ち帰って、形がくずれちゃったみたい。
ちょっと残念そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/04

夏祭り

近くの小学校でおまつり。

今日も朝から晩まで、ミュージカルのお稽古だったので、
もう、浴衣を出すのが面倒で、「赤毛のアン」のTシャツのままお祭りへ。
まわりはほどほどに華やか。少しかわいそうだったかな、支度してあげればよかったかな。。

私はPTAとして、見回り当番を引き受けた。
ので、ビール飲めないよぉ。

ママ友にもたくさん会って、「私の時は飲みながらやってたよぉ」
とか言われたけど、危険危険~w 何を言われるかわからないわっ

暑いけど頑張って保全に徹しました^^


20120804_1


rukaはテレビで見たとかで、金魚すくいのコツを習得していた!!
うまいっ あっさりと3匹すくった!(1匹、器を水面に近づけたときに逃げちゃった)

仲間が増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/11

つけ麺

本日はPTAの会長会。
お隣の学校の男性会長さんに誘われて、数人でランチに。

20120711_1

つけ麺の美味しいお店。
地元でこんなお店があるなんて、知らなかったー。
夜は飲めるらしい。
こんど行ってみよう。うっしっし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/06

始業式と入学式

昨年soyoが入学式を迎えたのに、誰が入学?

そう、PTA副会長の初仕事なのです。

2年生は、1年生の前で、合奏と合唱。
このイスに座って校長先生のお話を聞いていた小さな子たちが、
こんなに大きくなって^^

思わず目頭が熱くなってしまいました。

まぁ、涙もろい私は、自分のこどもがいなくても、
ピカピカの新1年生や、頑張って準備した6年生を見ているだけで、
もちろん泣けてきちゃうんですけどね。。


20120406_1


10時の入学式の前に、始業式を済ませた娘たちは、
お友達のおうちでランチをごちそうになって、ママの帰りを待っていました。

朝から、結局夕方4時まで学校にいた私。。
この1年、どうなることやら。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/31

お別れ会&お泊まり会

本日ハードスケジュール。

soyoの小学校のお友達が、転勤で大阪にいってしまうことになった。
お別れ会という名の飲み会^^
いやいや、大阪にいって、すんなりなじめますように。。ということでたこ焼きパーティ。


20120331_5


みんなでつまみを持ち寄り、楽しい会のスタート。
たこ焼きの中身は、たこはもちろん、チョコレートやチーズ、キムチなどいろいろ。


20120331_1_2


子供たちにはチョコレートが大ウケ。


20120331_2


rukaはワンちゃんに夢中。
ずっと抱っこして、妹たちのゲーム観戦。

ママの誰かが、チョコキムチが美味しいと言いだし、
おそるおそる作ってみると、これがけっこう美味しい。へええええ。

rukaだけ、この後、こども劇場のお泊まり会。
近所のお友達のパパが、いっしょに送っていってくださる。感謝。
夕食はおべんとうを持たせる。それとリーダーたちのために1品持ち寄り。
豚の角煮をたくさん作っておいたので、3品くらい持たせました。


20120331_3


時間がなかったので、またリラックマでごめんよ。


話に花が咲いて、あっという間に夕方に。
みんな主婦なので、夕飯くらいの時間におひらきに。
なんと主賓のママは、この後荷造り。
だって、明日大阪へ引越!!
忙しい中、来てくれてありがとう。嬉しかったよ^^


早めに終わったので、お泊まり会のお食事会に合流することに。
電車で何駅か行ったところにある、高級マンション。
そのゲストルームでお泊まり会なのです。

今回のお泊まり会は、青年と高校生たちをリーダーとして、小学生3年生以上が対象。
鏡張りなので、別室からもみえる。とても楽しそうに遊んでる。
別室は、青年たちと母が、お酒を交えながらいろんな話をする。


20120331_4


私は昼から飲んでたので、めずらしく顔が赤くなっててびっくり。
当初、想世も来たいなら、ママもお泊まりで。と言われていたんだけど、
今回は送別会があるから、もちろんこれない予定だった。

けど、泊まっていけば?お手伝いよろしく。と言われて、急遽泊まることに。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/29

雪の日は帰りが遅い

雪が降って、朝起きるとまっしろ。
"雪やこんこ"の歌詞の犬のように、飛び回りたそうな娘たち。

学校に行く時、私が旗持ち登板。
登校時に"緑のおばさん"のように、黄色い旗を持ってこどもたちを安全に横断させる。

昨日、旗登板の一式を受け取った時、明日は雪だって予想なのに、不運だな。。と思っていた。
確かに寒かったけど、雪をなげたり、丸めたり、なんて楽しそうなこどもたちの笑顔!


私は、こんな日に登板ができて、とてもラッキーだった^^


そんな日の帰宅は、遅い。
きっと遊びながらかえってくるんだろう。

まず帰宅したのは次女。

庭に出て、雪かきをするという。
長靴の中がぬれちゃったというので、ビニールを履いてから長靴を履くという方法を教える。


20120229_1


私は、寒くて寒くて、いっしょに外にでて遊んであげる気になれなくて。。
ずっとしゃべるで雪をかいてくれるというか、遊んでいました^^

長女が帰宅すると、すぐに今度は表へ。
お向かいのお姉ちゃんたちと遊んでいるのかな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/10

こくご

私はあんまり面倒見がよいほうではない。

厳密には、楽しむことには貪欲に面倒見いいけど、
日常やらなければならないことには関心が低いといったらいいのか?

よろしくないねー。。

レッスンの「台本読みなさい」とか、
「教科書みせて、どんなことやってるの?」とか、日々まったく聞かない。
rukaが困った時じゃないと、何にも言わないかもしれない。

だから、すっごく久しぶりに、というか、3年生になって初めて国語の教科書をみた。


20120210_3


今日の宿題の音読で、「かるた」という話を初めて読んだ。
よくよく見ると。。。


20120210_2


話ごとにポストイットが付いている。
そうそう、こういう細かいこと大好き。
いろんなことを考えて、ぼーっとしている割に、こういった段取りごとが好き。

台本かよ。

というくらい、細かく貼られているw


そう。それで、この話を音読するのははじめてだから、
読み間違えかなり多し(笑)


かるたの種類や、かるたの元となる遊びがあった(貝おおい=貝合わせ)ことなどが書いてある。

おおっ、この漢字、もう読めるんだ。ふーん。と感心させたと思ったら、

名所=などころ

人物=にんぶつ

生み出され=うまれみだされ


をいっ。。。

特に3つ目はなに??

みだされてないし。


あまりに呆れて、ママ大爆笑。
rukasoyoもつられて大爆笑。

楽しすぎる音読でした。それと、気になったことが1つ。


20120210_1


犬、ほんとに痛そうだな。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/09

ダブルで。

今日は、まずsoyoがお友達と約束し、うちに遊びに来て、
後に帰宅したrukaもお友達を呼びたいということで、
姉妹のそれぞれのお友達が、同じ子供部屋で遊んでおります。。

ベッドの上と下で、別々の遊びが繰り広げられてます。

姉らは、シール交換。

妹らは、ごっこ遊び。

交わってあそべばいいのにー。
もっと時間が長かったら、そうなるんだろうな^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/27

その後は。。

親子学習会が終わると、ママ友からランチの誘い。
いいねー、先にいってるねーとファミレスに入り、
ママ友からママ友に話が伝わり、結局15名。ステキ。

席は2つに別れちゃったけど、楽しい時間。

うちのクラスはとてもいいママに恵まれている。
別なクラスのママからは、いろんな問題児発言がうわさで聞こえてくるという話が。

余裕がないという不幸せ。

だれにでもあることだけど、それをうまく解消できたらいいね。という話。


用はだれだれが乱暴、やられた、もう遊ばせない、うちの子に○○しないでくださいという苦情の電話。
やんちゃな子、モラルがない子に直接言えないお友達のママが、裏でひそひそ話すという構図はつらい。


最初から悪い子どもなんていない。知らないだけ、まだ教えてもらってないだけだ。
だから誰かが教えてあげればいい。

郷に入りては郷にしたがえ。

うちにきたら、うちのルールだよ。
嫌だったら帰りなさい。

勇気を持って言ってしまったらいい。
その子のためにも、自分のためにもなるわけだ。

もしくは、悪いことと知っていてもそうしたくない。そういう気持ちになってしまってる。
あえてそうしたくなっている。寂しい。つらいなど、何かのサインかもしれない。

どうしてそんなことするの?と、話をきいてあげたらいい。
気持ちを話しださなくても、耳を傾けてくれた事実は、きっとその子の気持ちに変化を与えるのでは?

ママも我慢してしまっている。ひとの子に何かいったら、うちに遊びにきてくれなくなっちゃうんじゃないか。
自分のこどもが学校で何か言われないか。とストレスをためる人も少なくない。

我慢すると、それを誰かに話したくなる。
結局、よその子の悪口になってしまう。

ケースバイケースだけど、私にはこんなことがあった。
黙ってるわけにいかず、思わず「いけないよ」と言ったことで、
その子が離れていくと思ったら、逆にモテモテになったことがある。

まっすぐ話してくれる大人に、親近感をもったという例。

もちろん大事な友達、というより、これで離れていったらそれでもいいや。
と思える相手だったのが、キッカケではあったのだけど。

自分の心にためてしまうのは、本当につらいことだと思う。


今回のランチ会では。。

こういうことがあったんだけど。。
という話題に、あの子はこういうところがあるけど、知らない人が苦手みたい。
だから、○○のママだよーと話しかけると、きちんと返事もするし、挨拶もしてくるよ。
→そっか、じゃあ今度そうしてみよう。

お友達が遊びに来て、買ったばかりの電子機器を壊されちゃったの。
言うか言うまいか悩んだけど、「実は。。」と事実を話して、
「もし損害保険とか入っていたら、助かるんだけど。。」と言ったら、マイホームを購入したときに、
加入していたから!と保険で弁償してくれて、今では家族ぐるみですごく仲がいいんだ。という例。

「こんなツライことがあった。。」「本人にきちんと言えばいいんだよ」

「土日の朝早くから、両親が仕事のこどもがピンポン」
「用事があるからと断ったら、娘が"えっ、今日でかけるの?"と。いや。。
娘は軽くショック"ママも嘘つくんだ。。"を受け、ママは謝った」という話。

同じケースで、「嘘も方便」を教えたという例。

こども部屋から、来るたびに何かがなくなり、親とやっと連絡がついたと思ったら、
話が通じない相手だったとき。言うことをあきらめ、何かと忙しいと二度と家には入れないようになったという例。

いろいろ話はでてきたけど、すごく前向きな解決方法を確認したり、
情報を共有できて、すごく気持ちのいいランチ会でした。

みんなで子育てしよう。

そういう空気がとても清々しかった。
それに、こういう風潮を広げていこうというママがまた頼もしい。

正しい子育てなんかないけど、自分に正直にまっすぐがいちばん"抵抗"がない気がする。
文字通り、"まっすぐ"ってほんとひっかかりがない=抵抗ないな。なめらかで。
ぐさっとささないような気遣いだけは忘れちゃならないけど。

まっすぐつきつけるのではなく、まっすぐ渡したい。という感じかな。
面倒くさいのは疲れる。

だれでも悪口を言いたいわけではない。
悪口を言うと、自分も気分がいいわけがない。

すっきりした気がするけど、絶対にすっきりなんかしていない。

それに気づいていない。
私は悪くない。つらかったんだ。それをわかってほしいというのが本音だと思う。
(↑だいたい片方だけが悪いということなんてないと思うんだけどね。)

ただ、悪口というのは、入り込みやすいし、人を引き付けるんだよねー。
自分が優位に立ちたくて、人を否定してるだけだったり、自分の正義のために相手を悪く言ってしまったり。
そんな自分に気づいてほしいです。

「余裕がないと、不幸せ」と書いたのは、気持ちに余裕がないと、気づくことができないから。

みんなが負の磁力に負けないようになるといいなーと思います。


で、その後すぐに、年末rukasoyoの仕事などで立て込んでいて行けなかったrukaの個人面談へ。
頑固なところ、ちょっと注意!という話がありつつも、
学校を休んだりする割に、理解が早いのでいいと思います。と。

先生ともたくさん話して、親子ともに「オブラートにつつんだり、気を使ったお話はしないでくださいね。」と、
本音トークをお願いしました。

最近昼夜逆転して、めずらしく眠れなかったりしたけど、
体育館で体を動かし、ランチにはしゃべりまくり、先生と1対1で話したもんだから、
疲れてぐっすり眠れましたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親子学習会

soyoの親子学習会ということで、3時間目に学校に行ってきました。
学校の授業なので、写真はNGなので画像なし。

3つのゲームを、学年全体おおよそ100人×2(親子)で体育館にてやりました。

1つ目は、「ベルトコンベアーリレー」
言わずもがな、楽しいでしょうね^^

20120127_1

イラストでは仰向けだけど、当日はうつぶせでアンパンマンのように飛んで行きました^^
楽しそうだったなー。母は、落とすまいと必死に組んだ手首がいたかった^^;

次は、「フラフープ送り」
小さなフラフープだったので、長身で腰が痛い私にはきついか?!と思ったけど、
みんなすごく上手に送ってました。

20120127_2

最後は、「もうじゅうがり」

もうじゅうがりにいこうよ♪(もうじゅうがりにいこうよ♪)
やりだってもってるもん♪(やりだってもってるもん♪)
てっぽうだってもってるもん♪(てっぽうだってもってるもん♪)
あーーーーー!(あーーーーー!)

「ライオン!(など動物の名前を言う)」

ライオンだったら、文字の数=4つなので、4人のグループを作る。
そういうゲーム。

最初は「トラ!」で親子。
次は「シロナガスクジラ」で8名4組。

それから、親子はダメとか、自分のこども以外で、とか大人同士こども同士とか、
いろいろ条件を変えて、大人もまるでこどものように楽しみました。

なかなか、自分でレクリエーションを企画しようとは思わないけど、
こういうの、とっても新鮮!楽しかった!

企画しようとすると、飲み会ばかりだなw

未就園児の頃は、親子でのイベントばかり行ってたけど、手が離れたと思った途端、
離れることが気分転換で。

ちょっと考えさせられた1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)